「かいそう」を変換すると「海草」「海藻」の両方が出てきます。明鏡国語辞典には海草は「海中に生える種子植物の総称。アマモ・スガモ・イトモなど」、海藻は「海中に生える藻類の総称(中略)食用になるものが多い」としてアオノリやコンブが載っています。食卓に上るものは「海藻」がよさそうです。



最近の記事
「毎日ことば」の新刊
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top