7月2日からのアンケートのまとめです。

サッカーの試合に関する表現で「進入」と「侵入」のどちらを選ぶか伺いました。
サッカーでFWがペナルティーエリアに「しんにゅう」……どう書きますか?
侵入 30.2%
進入 53.2%
上の二つを使い分ける 16.6%

単に「進み入る」という意味の「進入」が過半数を占めましたが、「不法に押し入る」という「侵入」も3割。「侵入」を選んだ人は、多少強引に入り込むような場面や、相手の裏をかくようなケースを想定しているのかもしれない、とも感じました。

確かにサッカーでペナルティーエリアに入ることはルールで禁じられているわけではありません。その意味で「不法」ということはなく、「進入」に分がありそうに思えます。

しかし一方で、FWがあえてペナルティーエリアに入るというのは、大概は相手を脅かす意図を持ってのことでしょう。文化庁の「言葉に関する問答集4」(1978年)は「侵入」「進入」などの使い分けを取り上げた一節で、「進入」について「相手を特に困らせたり、被害を与えたりするわけではない場合に使うのが普通」と説明します。してみると相手方を脅かすFWは、「困らせたり、被害を与えたり」しようとしているわけで、無条件に「進入」でOK、とは言いにくい感じもしてきます。


毎日新聞の記事データベースで過去約30年分の記事(東京本社版。地方版除く)を検索してみると、「ペナルティーエリアに進入」「~内に進入」が計30件、「~に侵入」「~内に侵入」が計3件と、はっきり差が付きました。新聞での使用実態としては「進入」が選ばれています。

アンケートの結果とあわせ考えると、まずは「進入」を使うのが一般的と言えるでしょう。ただし、その「しんにゅう」によって、自分のチームが痛い目に遭わされたような場合には、「侵入」を使うことも排除されないだろうと考えられます。



最近の記事
「毎日ことば」の新刊
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top