「べき」は文語の助動詞「べし」の連体形なので、普通の文章で「べき」で文を終えると文法的におかしくなります。終止形の「べし」か、「べし」では硬く感じるときは「べきだ」「べきです」などとしています。 http://j.mp/akaji



最近の記事
「毎日ことば」の新刊
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top