「余熱」も「予熱」も料理の作り方でよく出てきます。いずれも読みが「よねつ」なので混同されやすいのですが、ここでは、あらかじめ熱することなく、との意なので「予熱」としました。余熱は余った熱のことで「火を止めて余熱で仕上げる」などと使います。



最近の記事
「毎日ことば」の新刊
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top