2月第1週のアンケートのまとめです。

2月5日からの質問は、「春」とはいつを指すのか、という質問でした。
「春」と呼ぶのにふさわしいと感じる時期は?
立春~立夏 27.7%
旧暦1~3月 19.5%
新暦3~5月 44.2%
春分~夏至 8.6%


選択肢に挙げたものはどれもそれなりに「春」と呼ぶ根拠のある期間なのですが、一般の皆さんの感覚に合う「春」はどれなのかを伺ってみました。

結果は、気象庁が春と呼んでいる「新暦3~5月」が4割以上でトップでした。一方、「立春~立夏」が3割弱で、「旧暦1~3月」も2割弱。合計すると、伝統的な暦の区切り方がなじむと感じる人が、新暦ベースの区切りを選んだ人を上回りました。

考えてみれば、年賀状に「迎春」「新春」などと書くのも、1月からを春とする旧暦の区切り方に沿うものです。中国などでは今も「春節」として旧正月の方が新暦の1月1日より盛んに祝われます。一方、俳句では立春で季が変わり春ということに。3月からが春だという人にしても、なんとなく場面によって使い分けるということはあるかもしれません。

ただし、時候の話題に限らず、「昨春の選挙で……」のように季節を一定の時期を指す語として使うことも多いものです。新聞の場合は、期間が年によって動くことのない新暦ベースの区切り方を使うというのも、合理性があると考えます。



2月9日からの質問は「対策」にかぶせる言葉の問題でした。
災害を防ぐための対策。なんと言いますか?
災害対策 64.3%
防災対策 20.9%
どちらも使う 14.8%
アンケートに回答すると表示される解説では、結論としては「どちらも使う」と書きましたが、そう考える人は7人に1人程度と少数派でした。最多は「災害対策」。3分の2ほどの人が選んだということは、多くの人にとって違和感がないのはこの形ということになるでしょうか。

「防災対策」は2割程度。これは「災害対策」とは熟語の修飾関係が違うとしました。「災害(への)対策」と「防災(のための)対策」と考えればよいのではないかと思います。

毎日新聞記事データベースの1987年以来の使用例(東京版、地域面除く。今年2月19日まで)を見ると「災害対策」が4125件、「防災対策」が1855件。「災害対策」の方が数は多いのですが、どちらもよく使われています。

ちなみにこれが「防火対策」となると153件で、「火災対策」「火事対策」を合わせた113件を上回ります。先日あった北海道の自立支援住宅での火災の折も、問題視されたのは「防火対策」でした。



最近の記事
「毎日ことば」の新刊
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top