トルストイの戯曲「生ける屍」が「生ける屁」になったり、先生がカンニングをした生徒36人を「なじった」のが「なぐった」ことになったりしたことも、かつてあったとか。校閲グループによる紙面が本日の東京本社版など朝刊に。ウェブ版は→ http://mainichi.jp/articles/20161105/ddm/010/040/024000c

関連記事:
昔の「訂正」に学ぶ
これで間違いは減る! ベテラン校閲者の虎の巻(前編)

「毎日ことば」の本が出ました 最近の記事
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top