動詞「憂う」は文語形なので、現代語としてなるべく口語形の「憂える」を使います。連用形でも「憂いた、憂いて」ではなく「憂えた、憂えて」などになります。 http://j.mp/akaji


「毎日ことば」の本 最近の記事
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top