「するべき」と「すべき」は、どちらも誤りではありませんが、「べき」は文語の助動詞「べし」の連体形なので、なるべく口語形の「する」より文語形の「す」に続け「すべき」としています。 http://j.mp/akaji


「毎日ことば」の本が出ました 最近の記事
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
 
Top