〈読めますか?〉結果

この週は水木しげるさんをしのんで「妖怪」をテーマにしました。


正解
姑獲鳥うぶめ 66%
ぬえどり 23%
かるら 11%
水木しげるロードの「姑獲鳥」像/by 京浜にけ
「姑獲鳥」は当て字の最たるものでしょうが、それでも3人に1人が正解したというのは、京極夏彦さんの小説「姑獲鳥の夏」、およびそれを原作とする映画の影響といえましょう。この映画の最後に片腕の傷痍(しょうい)軍人が出てくるのですが、演じるのは原作者の京極夏彦さん本人で、水木しげるさんへのオマージュとなっています。ちなみに監督は「ウルトラマン」「ウルトラセブン」で強烈な印象の異色作を演出した故・実相寺昭雄さんで、キャストも豪華でした。それはともかく、なぜ中国由来の「姑獲鳥(こかくちょう)」と日本の「産女(うぶめ)」が混同されたのか。小説の主人公、京極堂秋彦は「赤ん坊は水鳥のような声で啼く」としたうえで、

「つまりね、男が見るウブメは〈女〉、女が見るウブメは〈赤ん坊〉、そして音だけのウブメは〈鳥〉なんだよ」

と、見られる方よりも見る主体を問題にします。今思えばこれはこのミステリーの驚き(あきれる)トリックの伏線というべきせりふです。
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
京極 夏彦
講談社
売り上げランキング: 25,328


正解
魍魎もうりょう 90%
ちみ 7%
きき 3%
鳥山石燕「今昔画図続百鬼」より
「魍魎」も京極夏彦さんの「魍魎の匣」が映画になりました。それとは直接関係ないのですが、水木しげるさんにも「もうりょう」が出てくる漫画があります。「妖怪魍魎の巻 死人(しびと)つき」(ちくま文庫「妖怪たちの物語」所収)。この話はソ連映画「妖婆 死棺の呪い」とそっくりです。土俗的でどこか素朴なユーモアが漂う妖怪映画で、水木さんの世界観と相通じるところが多いのです。
妖怪たちの物語 (ちくま文庫―水木しげる妖怪まんが集)
水木 しげる
筑摩書房
売り上げランキング: 394,228


正解
目々連もくもくれん 59%
めめづれ 35%
めめれん 6%
鳥山石燕「今昔百鬼拾遺」より
「目々連」。繰り返し符号を使いましたが、本では「目目連」となっているものが多いようです。水木さんの訃報を受けた毎日新聞のコラム「余録」で紹介されました。


正解
寒戸の婆さむとのばば 19%
かんどのばば 47%
かんべのばば 34%
水木しげるロードの「寒戸の婆」像/by京浜にけ
「寒戸の婆」は柳田国男「遠野物語」で語られますが、寒戸という地名はないとのこと。柳田国男の聞き違いか誤植ともいわれます。神隠しに遭った娘が老いさらばえた姿で現れ「人々に逢いたかりし故帰りしなり。さらばまた行かん」と言ってまたいなくなるという、妖怪というにはかわいそうな話。水木さんは岩波新書の「妖怪画談」や漫画「水木しげるの遠野物語」で、涙を流した姿で描き「物悲しい」とコメントしています。なお柳田国男は特に寒い冬に現れるとしていないのですが、水木さんは寒い風の日として描いています。「寒戸」という字のイメージからかもしれません。
カラー版 妖怪画談 (岩波新書)
水木 しげる
岩波書店
売り上げランキング: 84,175


正解
鎌鼬かまいたち 96%
かまむささび 3%
かまくら 1%
竜斎閑人正澄 画「狂歌百物語」より
「鎌鼬」は今回最もよく知られた言葉と思っていましたが、はたして正解率は最も高くなりました、「構い太刀」からきたという説もあるようですが、いまだに謎が解明されていない現象です。京極夏彦さんの「魍魎の匣」によると、北国の魍魎、西国の河伯(河童)と並んで東国の鎌鼬が江戸期の「本朝三奇」に挙げられたそうです。
文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)
京極 夏彦
講談社
売り上げランキング: 6,247

ちなみに「妖」は2010年にやっと常用漢字になりました。この字をポピュラーにした第一人者はいうまでもなく水木さんです。いまどこでどんな妖怪と会っていることでしょう。冥福を祈るという言葉が似つかわしくないほど、あちらの世界でも楽しんでいる姿が想像できます。そういうところが水木さんらしいですよね。

最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top