〈読めますか?〉結果

この週は「軍隊」。前回のテーマは「原爆」でした。戦後70年のシリーズが続いているわけです。

Photo by ひでわく

正解
糧秣りょうまつ 54%
りょうしょう 24%
りょうひょう 22%

今回最も難しかったのは「糧秣」。これは今ほとんど目にしない字なので無理はありません。この「秣」の字が第二次世界大戦中使われていたということは、それ自体が時代錯誤といえるでしょう。だって米軍は自動車を駆使していた時代に馬の「まぐさ」ですよ。しかも軍馬でさえどれだけ戦場に送られていたのやら。

出題時の解説で「糧末」の誤植について書きましたが、例えば水木しげるさんの「コミック昭和史」(講談社文庫)に「ガダルカナルの将兵は糧末弾薬はこず マラリヤになりながら木の根をかじるしまつだった」とありました。その前後に軍馬など全く登場しません。兵隊は馬の餌以下の食物をとらざるをえなかったわけです。してみると「糧末」の表記も、誤植には違いないでしょうが末端兵士の悲惨な食糧事情が表れている気がしてきます。

コミック昭和史 (第1巻) 関東大震災~満州事変
水木 しげる
講談社
売り上げランキング: 14,560

この漫画では先の引用の直後、例の「大本営発表」が出てきます。「軍人というものは“退却”という言葉をものすごくおそれる」「大本営は“転進した”と発表した」

この言い換えを現在の我々は「過去のこと」と切り捨てることはできるでしょうか。佐藤卓己・京都大教授は、安全保障関連法案についての報道の言葉に6月11日毎日新聞「メディアと政治」で鋭く切り込みます。「後方支援」は日本側は前線から離れた「後方」で支援するから安全だと強調するが、英語で通常「logistic support」と訳され、米国は前線への補給を続けてくれる「兵站」と受け止めていることを紹介した上で、こう述べています。
旧軍の輜重(しちょう)軽視を引きずる日本人に共通の戦争観なのかもしれない。もちろん、新聞記者も例外ではない。そうでなければ、この「意訳」に気づいた記者たちはなぜ「兵站」と新聞記事で書かないのか。まさか常用漢字表にないからではあるまい。現代戦における「兵站」の重要性に理解が及ばないためだろう。
うーむ、確かに站は常用漢字ではありませんし、そういう問題じゃないと思いますが、ふだん常用漢字かどうか気にして仕事をしている我が身の首根っこを押さえられた気がします。

正解
兵站へいたん 78%
へいせん 13%
へいりつ 9%
輜重しちょう 60%
けいじゅう 27%
ふくじゅう 13%

そこに出てくる「輜重」。過半数が読めたものの、輜も常用漢字ではなく普段使わない語ですから、3択でなければもっと少ないでしょう。しかし当時の兵士は読めていたのでしょうか。倉島長正著「国語100年―20世紀、日本語はどのような道を歩んできたか」(小学館)などによると、「戦線の拡大によって増える兵士の学力低下は著しく、一方で兵器の名称や部品・道具の複雑な漢語が急増したことに対処」するため、1940年には「兵器名称用制限漢字表」(基本の「一級漢字」と振り仮名付きで使う「二級漢字」)が決められ、それ以外の漢字は仮名を用いるようにというお触れが出されたそうです。戦後の当用漢字による漢字制限とは性格が異なりますが、使える漢字とそうでない漢字を選別することは戦前から行われていたのです。

国語100年―20世紀、日本語はどのような道を歩んできたか
倉島 長正
小学館
売り上げランキング: 777,453

正解
統帥とうすい 94%
とうそつ 5%
とうし 1%
恩賜おんし 77%
おんちょう 22%
おんえき 1%

「統帥」は今回最も正解率が高くなりました。帥も、「恩賜」の「賜」も当用漢字(現常用漢字)です。「朕」「璽」もそうなのですが、このような字を並べると、天皇に関係する字が、結果的に今あまり使われなくなったものも含め目立ちます。使用漢字を線引きする以上、当時の必要性ないし決定者の意識がそこに抜きがたく塗り込められるのでしょう。

一方、新聞は常用漢字に入っていても基本的に使わない字を定めています。「朕」もその一つ。「おかみの決めた用字用語には必ずしも従いませんよ」というささやかな抵抗といえるでしょう。大本営発表を無批判に垂れ流していた時代とは違います。しかし、単に漢字使用のレベルにとどまっていては権力者のカウンターにはなりえません。政府の発する言葉に込められた意図を読み解き、その言葉がどういうイメージで読者に伝わるかを考えながら報道することが求められると肝に銘じなければなりません。
最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top