漢字クイズ(テーマ・怒り)結果

この週は「怒り」がテーマでした。

回答割合は次の通り(出題日は2月16~20日、★が正解)。
勃然がいぜん5%はいぜん3%ぼつぜん★91%
目に「角」を立てるかど★55%くじら26%つの20%
瞋恚しんい★45%じんきょう15%まなじり40%
業腹ぎょうふく13%ごうはら★82%わざばら4%
気色ばむきしきばむ13%けいろばむ4%けしきばむ★82%

世界にはテロや戦乱による怒りが満ちている昨今ですが、中村修二教授がノーベル賞を取る原動力になったのは「怒り」と語るなど、怒りはうまく手なずければ前向きのパワーにも転化します。しかし今の日本では、怒りの矛先が妙に内にこもってしまっているような気がしないでもありません。

その象徴と思う日本語は「むかつく」です。本来、吐き気など肉体的に気持ち悪いことだったのが、いつの間にか怒りの感情を表すようになりました。2012年の文化庁「国語に関する世論調査」によると、「腹が立つ」意味で「むかつく」を使うと答えた割合は51.7%と半数を超しました。

さて「勃然」は勃が常用漢字になるだけあって、今回最も高い正解率となりました。なお「勃然」を「ムカッ」とルビを振った例が尾崎紅葉「二人女房」にあります。また二葉亭四迷の「其面影」には「むっくり」という振り仮名があります。明治時代には二つの意味が混在していた状況が読み方からうかがえます。


「目に角を立てる」は今ではめったに目にしない慣用句でしょう。「目を三角にする」は漫画の悪役の目を思い浮かべればいいのですが、「角を立てる」はイメージしにくく、「つの」なのか「かど」なのか知らないと読めません。ただ「角が立つ」の語を思い出せば正解できると思います。

「瞋恚」は今回最も低い正解率でした。「しんに」とも読みます。仏教に詳しい人なら「三毒の煩悩」の一つとして覚えているでしょう。他の二つは貪欲、愚痴。瞋恚は「怒り」に当たり、火のように善心を焼き、自分が正しくて相手が悪いと怒る心などと説明されています。

「業腹」もあまり使われませんが、それにしては高い数字になりました。この「業」も仏教と関連深い言葉で、梵語(ぼんご)karman(カルマ)の訳語だそうです。ところで、個人的な思い出で恐縮ですが、子供のころ広島でむずかったりわがままを言ったりしたとき母親は「ごういるねえ」と言っていました。この「ごういる」はどこからきた言葉でしょう。いらいらする意味で「業が煎れる」という言葉があるようなので、それが変化して「業を煎る」→「ごういる」となったのではないかと思っているのですが、どうでしょう。

「気色ばむ」は「業腹」とは逆に、それなりに使われている割には低めの数字という印象を持ちました。広辞苑などには「きしょくばむ」の読みも載せているので選択肢にしませんでしたが、それを入れたらもっと数字が低くなったかもしれません。おそらく古典でその読みがあったということだと思いますが、「きしょく」は今は「気色悪い」くらいしか使われませんね。日本国語大辞典には「得意げに意気込む」とありますので、意味も現代とは違っていたと思われます。

それにしても、「むかつく」にしても「気色ばむ」にしても、あるいは「キレる」にしても、日本語は怒る意味が拡大しているように感じられます。気色ばんで怒っている人は、次の源氏物語(末摘花)の美しい言葉を読んで気を静めてはいかがでしょう。

「日の、いとうららかなるに、いつしかと霞みわたれる梢どもの、心もとなき中にも、梅は、けしきばみ、ほほゑみわたれる、とりわけて見ゆ。階隠(はしがくし)のもとの紅梅、いと疾(と)く咲く花にて、色づきにけり」
最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top