漢字クイズ(テーマ・川柳)結果

8月25~29日の回答割合は次の通り(★が正解)。
柄井川柳えいせんりゅう18%からいせんりゅう★70%つかいかわやなぎ12%
川の字形りかわのじがたり15%かわのじどり14%かわのじなり★70%
優曇華うどのはな14%うどんげ★78%かげろう8%
団扇うちわ★100%どんす0%まどい0%
家内喜多留うちきたとまる7%かないきたる30%やなぎだる★62%

この週は「川柳」。この川柳という言葉は、江戸時代の人名(号)から来たということ、ご存じでしたか? 出題者は不明にして知りませんでした(単に忘れていただけかも)。毎日新聞の「週刊漢字」では「『川柳』の語源は人名だったのね」というお粗末な句(?)を披露してしまいました。その柄井川柳が初めて「川柳」と号したのが旧暦で8月25日。号としての川柳は初代亡き後も15代まで受け継がれたといいます。

歴代川柳さん選の句集が「誹風柳多留」です。今は廃れましたが、婚儀に柄(え)のついた柳だるを贈る習わしがあったとのこと。その縁起を担ぎ、かつ、柄井川柳の柄と柳をひっかけたタイトルかもしれません。その第2編はさらに縁起のよい「誹風家内喜多留」という表題がついていました。今回最も正解率が低かったのですが、それでも高めの数字です。

川柳からきたことわざとして有名なのは「はえば立て立てば歩めの親心」。そしてことわざとはいえませんが「川の字になって寝る」という慣用句も「子が出来て川の字形りに寝る夫婦」が発祥と思われます。思われますというのはそうはっきり書いたものが見つからなかったためですが、当時この慣用句が一般的に使われていれば、川柳としては何の面白みもないとして選ばれなかったでしょう。だからきっと、親子3人のほほえましい情景を川の字に見立てたのは、川柳の発見だったと思うわけです。もっともただの素人考えですので、反証があればご教示ください。なお、この句は単にほほえましい親子というだけではなく、「2人目をつくるのはまだおあずけ」というエロチックな意味が込められているという説もあり、それはそれで納得させられます。出産して間もない頃の母体はなにかと大変ですから。

「優曇華の花」つまりクサカゲロウの卵は出題者が子供の頃よく見ていたのですが、もうずっと見かけていません。個人的な話を続けて恐縮ですが、今回の出題時に、誤って原稿にクサバカゲロウと書いて同僚に指摘されてしまいました。しかしネットでも同じ間違いが多く見受けられます。無意識のうちに、カゲロウ→はかない→死→草葉の陰という連想ゲームが働いているのかもしれません。

「団扇」は新聞では「うちわ」と仮名書きを原則としていますが、それでも正解率100%ということは、一般的に漢字表記がかなり使われているということを示すのでしょう。語源的には「打ち羽」、つまり蚊やハエを打ち払うのに使うことからとされます。「寝て居ても団扇のうごく親心」という句は、普通に読めば「自分が眠っていても子供のためにうちわをあおぎ風を起こす親心」ということでしょうが、語源を知ると「蚊を追い払う」とも解釈できます。昔の日本家屋では今とは比較にならないほど蚊に悩まされていたでしょうから。もっとも、デング熱は江戸時代には入ってこなかったでしょうけど……。

最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top