漢字クイズ(テーマ・オスプレイ)結果

7月28日~8月1日の回答割合は次の通り(★が正解)。
榛東村しんとうむら★48%はるあずまむら29%はるひがしむら23%
目達原駐屯地めだちばらちゅうとんち10%めだつばるちゅうとんち17%めたばるちゅうとんち★73%
福生市ふくおし10%ふくぶし3%ふっさし★87%
丘珠町おかだまちょう★44%きゅうじゅちょう8%くすちょう48%
新田原基地しんたはるきち34%しんでんばらきち10%にゅうたばるきち★56%

この週は米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイに関わる場所からの出題です。

もっとも「目達原駐屯地」「榛東村」はこのたびオスプレイがらみの報道で出題しようと思ったものですが、他はそれ以前から出したかった地名です。

今回最も正解率が低くなったのは「丘珠町」。北海道の空港としてしばしば「丘珠」の名は紙面にでていましたが、ルビが振られることがまれなため、出題者はよく「何てよむんだろう。『くす』かな」なんて思っていました。そこでクイズに「くす」を選択肢に入れたところ、思った通り少なからぬ人が同じ間違いをしていることが分かりました。「くす」は大分県の玖珠町であり、やはり自衛隊の駐屯地があります。「おかだま」は北海道の地名としては意外に素直な読みですが、やはりご多分に漏れずアイヌ語由来。「男が刀を落とした所」という意味だそうです。そういえば沖縄ではオスプレイが部品を落下させたことが問題になっていました。今回は何もなかったようですが……。

次に読みにくかったのは「榛東村」ですが、榛名山が有名なためどうしても「はる」の読みに引きずられるのでしょう。ちなみに群馬県にはかつて三つの「東村」という自治体が存在し混乱のもとでしたが、「平成の大合併」でいずれも消滅しました。

次に「新田原基地」。「新」を「にゅう」と読ませるのは英語のようで非常に面白いのですが、語源はどうもはっきりしないようです。「新」を「にい」と読むのはよくあるので、そのなまりで「にゅう」となったのではないかということは容易に想像できます。しかし明確にそう述べた文献が今のところ見つからないので、想像の域にとどまります。ご存じの方はご教示ください。

「目達原駐屯地」は有名な吉野ケ里遺跡の近くにありますが、目達原はそれほど全国的に有名とは思えません。ですから比較的高い正解率は選択肢のまずさによるものかもしれません。それとも出題者が知らなかっただけで実は有名なのでしょうか。

最も正解率が高かったのは「福生市」。横田基地があるせいだけでもないでしょうが、よく知られているようです。しかし地名の由来はやはりよく分かりません。

さて、オスプレイはこの7月、沖縄の普天間飛行場から丘珠駐屯地への往復途中、東京都内で初めて横田基地に「給油」のため着陸しました。航続距離でいうと給油の必要があったのか疑問で、多分にデモンストレーションと、都民の反応を見るのが目的だったのではないでしょうか。沖縄にオスプレイが集中するのは問題ですが、ネットの反応などをみる限り、今回の東京などへの飛来に反対する声は一部にとどまるようです。

ちなみに、英語のオスプレイは日本語でミサゴを意味します。ミサゴは万葉集にもよまれた日本人になじみ深い鳥ですが、いずれ舶来の新種ミサゴは日本全国の空を飛び回るようになるのでしょうか。

最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top