漢字クイズ(テーマ・馬)結果

12月16~20日の回答割合は次の通り(★が正解)。
流鏑馬やぶさめ★95%るたくば3%るんば3%
馬手うまで9%まて17%めて★74%
駑馬だば17%どば★61%らば22%
種牡馬しゅおば8%しゅひんば33%しゅぼば★59%
天馬空を行くてんまそらをゆく49%てんばくうをゆく★43%てんばそらをゆく8%

この週は2014年のえとにちなみ「馬」がテーマでした。

ちなみに、正式には来年のえとは「午」ですから、毎日新聞ではなるべく「えとの馬」「馬年」などと直結して表記せず、「えとにちなんだ馬」などと書くようにしています。出題者は入社するまでは年賀状に平気で「馬年」と書いていたのですが。

年賀状といえば、えとにちなんだことわざや熟語を織り込む人もいるかと思いますが、めでたい言葉を挙げようと思うと意外に苦労するのではないでしょうか。たとえば蛇の言葉は「やぶ蛇」とか「竜頭蛇尾」とか、年賀状に使えるようなものはほとんどありません。それに比べると馬は「馬耳東風」「馬齢を重ねる」などマイナスの言葉も多いのですが、「馬が合う」「馬肥ゆる」「人間万事塞翁が馬」など使えそうな言葉も並んでいます。

毎日新聞の「週刊漢字」で紹介したのは「駑馬十駕(どばじゅうが)」。名馬は一日に千里を走るが、足の遅い馬でも十日間休まず行けば追いつくという意味です。うさぎと亀のイソップ物語を思わせますね。ただしこの四字熟語を載せていない辞書も多く、「駑馬」は「騏驎(きりん)も老いては駑馬に劣る」のことわざの方が有名でしょう。そういえば「きりん」には鹿へんの「麒麟」と馬へんがあるってご存じでしたか。これも仕事の読み合わせで初めて知りました。先日後輩が娘に「きりん」の「りん」の字を名前に付けたと聞き、「鹿へん? 馬へん?」と聞いてしまいました。しかし馬へんの驎は人名用漢字にないので法律上付けられず、この質問は無意味でした。

さて正解率です。「流鏑馬」は「るんば」など間違いの設定に苦労しましたが、それをあざ笑うような高率となりました。

「馬手」。「ばしゅ」という読みもあることで選択肢が狭まりました。なお、「馬主」は「ばしゅ」「ばぬし」「うまぬし」と複数の読みがありますが、「日本中央競馬会の登録を受け、所有馬を中央競馬に出走させることのできる有資格者」の意味では「うまぬし」とされています(大辞林より)。

「種牡馬」は毎日新聞ではルビなしでの使用を認めていますが、読みにくかったようです。競馬好きには自明でしょうから、競馬のページではルビは不要なのでしょうが……。

「天馬空を行く」。辞書で「てんま」を引いたとき「伝馬」「天満」があっても「天馬」が見つからないので不思議に思ったことがあります。いわゆる空見出しにして「てんば」を見よとしている辞書もありますが、一般的には「てんま」と読む人が多いのではないでしょうか。今回のクイズは「てんば」を誤りとできないので「空」の読みとの組み合わせで選択肢を設定したのですが、正解率が最も低くなった一因は「てんま」が正しいと思い込んでいる人の多さにあるように思います。1970年代のことなので絶対とはいえませんが、テンポイントらと伝説的な名勝負を繰り広げたトウショウボーイもその異名は「てんま」と発音されていた記憶があります。なおトウショウボーイの名は知らなくても、その子ミスターシービーは記憶に新しい人が多いでしょう。トウショウボーイは種牡馬としても天馬の名にふさわしいといえます。

2014年のうま年、馬たちはどんなドラマを見せてくれるのでしょうか。

最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top