漢字クイズ(テーマ・笑い)結果

10月7~11日の回答割合は次の通り(★が正解)。
口辺に笑みくちべにえみ32%くちへんにえみ2%こうへんにえみ★66%
空笑いうそわらい15%からわらい49%そらわらい★36%
噴飯物ふきめしもの3%ふんぱんぶつ6%ふんぱんもの★91%
咲面えみめん★45%さきめん12%さきおもて43%
笑内駅おかしないえき★42%しょうないえき45%わらうちえき13%

この週は「笑い」。文化庁の「国語に関する世論調査」で「噴飯もの」がクローズアップされたことでこのテーマになりました。

その「噴飯物」が今回最も正解率が高くなりました。意味が問題であり読みはさほど難しくないだろうと思っていましたが、ほぼ予想通りでした。この調査が発表されるたびに「おれも間違って覚えていたよ」「こんなに誤解が多いのか」などの反応が上がるのですが、実は文化庁は「この使い方は間違い」とか「正しい意味」とかいう言葉は使っていません。「本来の意味」などと記しています。ある意味、言葉は変わるものだという前提に立ち、その動向を探っているともいえます。変わるものと割り切りさえすれば、「こちらが本来の使い方」と言われても「自分の使い方は間違っていたのか」と思う必要はないわけです。まあ「噴飯もの=腹立たしい」は今のところ間違いとみなせると思いますが。

しかし、以前から感じていたことですが、国語調査の選択肢は非常に単純化されていて答えにくいものが時々あります。今回の「噴飯もの」もそう。「腹立たしくて仕方がないこと」「おかしくてたまらないこと」という選択肢が用意されました。前者は違うとしても、後者にも違和感があるという声がありました。せめて「ばかばかしくて思わず笑うこと」などにすると、結果も多少変わったのではないでしょうか。(グラフは同調査の結果概要から)

「口辺に笑み」のねた元は「使ってみたい武士の日本語」(野火迅、文春文庫)ですが、柳田国男の「不幸なる芸術・笑の本願」(岩波文庫)でも、武士は「たまにほほえんでも片頰の筋肉を動かすくらいに止(とど)め、平素はまじめでいるのを男らしいとして」いたとあります。「口辺に笑み」はいかにも武士の笑いにふさわしい表現でしょう。

「空笑い」はその「不幸なる芸術・笑の本願」の初めの「笑の文学の起原」に出てきます。岩波文庫ではルビが付いていますが、ないと「そらわらい」か「からわらい」かで迷いますね。正解率は今回最も低くなりました。

「咲面」も低い数字です。「咲」を「えみ」というのは武井咲さんの登場で有名になったと思っていましたが、つい最近もあるイベントで司会者が「さき」と言って武井さんは笑顔で訂正したという話があったようです。「不幸なる芸術・笑の本願」には「女の咲顔(えがお)」という文章もあり、これが発表された1943(昭和18)年にはまだ「咲=えみ」という漢字の読みが生きていたことがうかがえます。出題者が初めて咲面という言葉に出合ったのは、わぐりたかし「地団駄は島根で踏め」(光文社新書)の中での「二の舞」の語源リポートで、咲面が腫面(はれめん)とともに写真入りで紹介されています。なお毎日新聞では「二の舞いを踏む」は以前「二の舞いを演じる」に直すことにしていましたが、現在は必ずしも間違いとはいえないと判断し、この規定はやめています。

「笑内駅」は他と異なり固有名詞ですが、鉄道雑学の世界では有名と思われます。JR根室線「大楽毛(おたのしけ)駅」と双璧をなす「楽しい駅名」ではないでしょうか。それにしても笑っていられないのがJR北海道の不祥事。安全第一の点検をお願いします。いや、記事の品質管理部門である校閲としても「他山の石」として厳しいチェックをしなければなりませんが。

最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top