漢字クイズ(テーマ・友達)結果

3月25~29日の回答割合は次の通り(★が正解)。

刎頸の友 てっけいのとも 5% ぶっけいのとも 11% ふんけいのとも★ 84%
杵臼の交わり きねうすのまじわり 19% ごきゅうのまじわり 39% しょきゅうのまじわり★ 42%
竹馬の友 たけうまのとも 1% ちくばのとも★ 94% ちくまのとも 5%
知音 ちいん★ 55% ちおん 36% ちね 9%
肝胆相照らす かんたんあいてらす★ 91% かんたんそうてらす 6% きもいあいてらす 3%

この週は「友達」について。年度替わりにはさまざまな友達との出会いと別れがあることからこのテーマにしました。

主婦と生活社「成語大辞苑」が「中国文学の特徴は恋愛文学にかわる友情の文学にあるといえる」と述べるように、中国発の故事成語には友情に関するものがたくさんあります。出題した5語以外では「莫逆(ばくぎゃく、ばくげき)の友」「管鮑(かんぽう)の交わり」「断金の交わり」「金石の交わり」「金蘭(きんらん)の契り」……論語の「朋有り遠方より来たる、また楽しからずや」も有名ですね。

これに対し「岩波ことわざ辞典」(時田昌瑞著)の索引で「友」を引いてみると▽賢い人には友がない▽友と酒は古いほどいい(西洋発のことわざらしい)▽人は善悪の友による――と、見出し語ではありませんが「類は友を呼ぶ」くらいしか見つかりません。

文学作品でも、友情を描いた日本の作品として思い浮かぶのは武者小路実篤「友情」や太宰治「走れメロス」、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」など近代以降のものばかり。古典は「源氏物語」など恋愛物が中心です。日本人はかつて友情という概念がなかったのか、それを表現するすべがなかったのか。それとも出題者が知らないだけで、本当は友情を描いた古典文学もそれなりにあるのか? 詳しい方がいらしたらご教示ください。

さて正解率ですが、「竹馬の友」が最も高くなったのは予想通り。教科書の定番「走れメロス」にも「メロスには竹馬の友があった。セリヌンティウスである」と出てきます。これでこの言葉を教わる中学生は多いはずで、出題者もそうでした。しかしその由来となった故事は教わった記憶がありません。今回「そうだったのか!」と軽い衝撃を受け、読みとしては簡単と思いつつ出題しました。広辞苑にはこうあります。「晋書殷浩伝」より「桓温が不仲の殷浩と並び称せられることを不満に思い、幼時には殷浩は自分の捨てた竹馬で遊んでいたと、自分の優位を吹聴した故事から」。こんな人「友」とはいえませんね。なお、ここでの竹馬とは、竹の棒に飾りを付けて馬に見立て、またがって遊ぶものを指すそうです。

次に「肝胆相照らす」。昨年の衆院選で石原慎太郎さんが「橋下(徹)さんとは年代を超えて、肝胆相照らす」と演説していました。本心ですかね。少なくとも「刎頸の友」、つまりお互い首を差し出してもいいと思うほどの仲には見えません。それにしてもこの字、難しい割に皆さんよく読めているようです。

正解率の低かった「杵臼の交わり」「知音」のネタ元は「楽しく使える故事熟語」(文春文庫)です。最も難しかった前者は「杵」の音読みが知られていないことの表れでしょう。「臼」は「キュウ」「うす」の音訓で常用漢字に追加されたのですが、「杵」は選ばれませんでした。この差は、なるべく常用漢字は音訓ともに頻度の大きいものを入れようという考えの表れと思われます。「知音」の音を「いん」と読むのは意外に思われるかもしれませんが、ちゃんと常用漢字表に掲げられています。「母音」「子音」で使いますので。

なお「知音」は日本で「恋人」の意味が生じたようです。これも日本では友情よりも恋愛重視だった精神風土の表れなのでしょうか。

最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top