漢字クイズ(テーマ・楽器)結果

9月3~7日の回答割合は次の通り(★が正解)。

胡弓 えびすゆみ 0% こきゅう★ 95% こゆみ 5%
銅鑼 あかがね 1% どうたく 6% どら★ 92%
篳篥 ひちりき★ 79% ひちりん 8% ひなげし 14%
箏曲 ことまがり 2% しょうきょく 12% そうきょく★ 86%
琴瑟相和す きんしつあいわす★ 63% きんひつそうわす 30% ことじあいわす 6%

by maureen lunn

この週のテーマは「楽器」でした。

数カ月前に「篳篥」で出題をとリクエストがあり、「雅楽」か「楽器」のテーマで取り上げることを念頭に置きタイミングをうかがっておりました。

一方、2012年9月3日はドラえもんの100年前の誕生日です。なにかドラえもんとからめられる漢字はないかと考えた末、まずはドラえもんが大好きな「どら焼き」が、次に「銅鑼」の案が浮上したのです。

ちなみにドラえもんの名前はどら焼きからきているのではなく「どらねこ=野良猫」からとされています。蛇足ながら、出題者が「つんつるてん」「へんぺいそく」という言葉を覚えたのはアニメの主題歌からでした。というと今のドラえもんの主題歌じゃないので年がばれてしまいますね。

本題に戻ると、「篳篥」は漢字の難しさに比べ正解率は高めでした。これは3択だということと、回答者に漢字に強い人が多いことが理由でしょう。ちょっと漢字が似ているので仕込んだ選択肢「ひなげし=雛罌粟」にひっかかる人も期待(?)ほど多くはありませんでした。

正解率の多い「胡弓」ですが、「二胡」との違いを出題者はよく理解していませんでした。中国伝来と書いてある辞書もあるのですが、正確には胡弓は日本の楽器。混同されて使われることが少なくないようです。

琴も同様に混用されています。日本で「こと」といえば主に「箏(そう)」を指します。これがしばしば「琴」と書かれますが、本来「琴(きん)」は琴柱(ことじ)を用いないので「箏」とは別物です。しかし「琴(こと)」は「日本の弦楽器の総称」の意味もあります。

毎日新聞では「箏」単独では「そう」のルビを付けることにしていますが「箏曲」はルビなしで使っています。どれだけの人が正確に読めているのか知るために「箏曲」を出題しました。86%は悪くないのですが、微妙な数字ともいえます。

「琴瑟相和す」が今回最も難しかった問題です。「瑟」は辞書でしばしば「大型の琴」と書かれますが、「瑟」には琴柱がありますので正確な定義とはいえません。たぶん「大型の琴」という場合の琴は「弦楽器の総称」という意味で使っているので間違いともいえませんが。ややこしいですね。

さて、ドラえもんの100年前の誕生日は香港でも祝われたとニュースでやっていました。尖閣諸島の領有権問題で反日デモなどが起こっているさなかですが、ドラえもんは別だと市民は語っていました。日本も、漢字をはじめ数々の文化を中国から受け入れてきました。

文化はあっさりと国境をこえて幸せをもたらすというのに、なぜ国境問題でこんなに争うのでしょう。「ドラえもーん」と「困った時のドラ頼み」をするわけにはいかないので、自分たちで解決するしかないのですが。

最近の「読めますか?」


校閲グループのお薦め本
「毎日ことば」のアカウント 
「毎日ことば」トップページへ
最近の記事
 
Top