当落選上の選手
当落選上の選手

「当落選上の選手」。当落の分かれ目にあるという意味の「当落線上」が正しいのですが、「とうらくせん」と「じょう」で区切って変換してしまうと「当落選上」と出てしまいます。選が出てきても、当選落選でなんとなく違和感がないので、見落としがちです。

続きを読む »

「春は曙光、夏は短夜」三つの特色
「春は曙光、夏は短夜」三つの特色

【校閲記者ブログ】新刊「春は曙光、夏は短夜」は当サイトのクイズ「読めますか?」全2156問から季節にちなむ言葉を厳選し解説。校閲者として、季節に応じ間違えやすい言葉も記しました。この本の特色を紹介します…

続きを読む »

【結果】「子ども」派3分の2、「子供」派4分の1
【結果】「子ども」派3分の2、「子供」派4分の1

【結果・解説】「こども」表記は「子ども」派が3分の2、「子供」派は4分の1でした。毎日新聞では2000年ごろから「子ども」が増え、10年ごろからは「子供」とほぼ同数になっています…

続きを読む »

アメフト? アメフット?
アメフト? アメフット?

毎日新聞ではアメリカンフットボールを「アメフット」と略しますが……

続きを読む »

「都道府県」
「都道府県」

広域の地方公共団体のことをひとまとめにして「都道府県」といいます。しかし、「配分枠を守っている都道府県がある一方、北海道は」というように、北海道を除外する書き方をする場合は、「都府県」とした方が違和感がないのでは。同じことは、一つしかない「都」の東京都にもいえます。

続きを読む »

【結果】「募金」に「お金を出す」意味、6割弱が認める
【結果】「募金」に「お金を出す」意味、6割弱が認める

【結果・解説】「出す」「集める」の両方、という人も合わせると、6割弱の人が「募金」に「お金を出すこと」という意味を認める結果になりました。1980年代に学校から広まった使い方という説があります…

続きを読む »

「圧倒的に弱い」
「圧倒的に弱い」

「圧倒的に弱い」「圧倒的に劣る」……マイナス評価でも「圧倒的」と使いますか?

続きを読む »

「薦」と「勧」
「薦」と「勧」

人に何かを「すすめる」ときに使う、漢字の「薦」と「勧」は使い分けに迷います。「薦」は主に物の場合、「勧」は主に動作の場合に使うことにしています。「肥満予防にすすめる運動」は動作をすすめると考えて、「勧」を当てるのがよいでしょう。 http://j.mp/akaji

続きを読む »

「み」になる話に「み」が入る?
「み」になる話に「み」が入る?

【校閲記者ブログ】「努力はきっとミになり、人生の役に立つ」。このミは「身」と「実」どちらがふさわしいでしょう? 身と実では意味が重なるところもあるようで、迷います。…

続きを読む »
 
 
 
Top